全1726文字

 ドイツigus(イグス)が全ての部品をプラスチックで造った自転車を開発している。2022年末までに最初のモデルを完成させて販売する。石油由来のプラスチックで造った製品と、海洋プラスチックゴミなどの再生材から造った製品を用意する。さびない点や、使用後は丸ごとリサイクルできる環境負荷の低さを訴求力に拡販する。世界最大級の産業技術の国際展示会「Hannover Messe 2022」(2022年5月30~6月2日、ドイツ・ハノーバー)で開発中のモデルを披露した。

開発中のプラスチック製自転車
開発中のプラスチック製自転車
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 この自転車はプラスチックを使った自転車を手掛けるオランダのスタートアップ企業MTRL(マテリアル)との共同開発品で、同社が販売する予定。MTRL創業者は、祖父が営む自転車屋で多くの部品が廃棄されているのを見て、再生可能な自転車を造ろうと起業したという。

 MTRLは一部の部品をプラスチックで代替した自転車を2015年以降に約400台販売しているものの、耐久性が必要とされる部品は金属製だった。そこでigusが製造する高機能プラスチックを組み合わせ、全ての部品を樹脂化するプロジェクトを2020年ごろに開始した。

 igusは「モーション・プラスチック」の名で産業機械などの可動部で使えるベアリングやケーブルを販売している。軽量で耐久性があり、潤滑油を差す必要がないのが特徴だ。今回は車輪やペダルのベアリング、ペダルをこいだ力をチェーンに伝えるクランク、ギアなど、負荷がかかる部品にこのプラスチックを使用する。

igusのモーション・プラスチックで造る自転車部品
igusのモーション・プラスチックで造る自転車部品
(出所:igus)
[画像のクリックで拡大表示]

安全性と小型化の両立、一筋縄ではいかず

 ただし、モーション・プラスチックを手掛けるigusでも自転車の部品を樹脂化するのは容易ではないようだ。2022年5月時点ではまだ100%樹脂化はできていない。年末の発売までに完全に樹脂化できるよう開発を急いでいるという。Igusの開発担当者は「人がどんな風に乗っても安全に動く必要がある一方で、自転車として使いやすいように部品を小型にしなければならない」と苦労を語る。

 例えば、クランクの形状は高負荷に耐えられるような特殊な形状にした。ギアは人が乗っても安定して動くように通常よりも大きくしつつ、自転車のフレーム内に収まるよう工夫したという。

開発したプラスチック製のクランク
開発したプラスチック製のクランク
高負荷に耐えられるよう形状を工夫した。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
開発したギア
開発したギア
通常のギアより少し大きいが、自転車フレーム内に収まるサイズにした。負荷に耐え、安定走行できるという。フレームは厚み5~6mmで中空構造となっている。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 自転車にはigusの造るセンサーを内蔵したスマート・プラスチックを搭載して、自転車の状態や残りの走行可能距離を予測できるようにする。長く使えるという点をプラスチック製に抵抗感のある利用者に分かってもらう狙いがある。予測内容はスマートフォンから確認できる。機械要素部品の寿命予測やメンテナンス向けに同社が販売する製品を応用した

* 同製品は摩擦などを計測して、無線でデータを送る機能を持っている。