全3006文字
PR

 米国時間の2022年6月6日に始まった米Apple(アップル)の開発者イベント「WWDC」。OSやデバイスなど多岐にわたる新たな取り組みが公開されたが、中でも注目されるのは「iPadOS」でウィンドウが利用できるなど、より「macOS」に近い内容となったこと。今回の発表から、アップルがここ最近進めてきた取り組みの総仕上げにかかっている様子を見て取ることができる。

ウィンドウが使えるようになった「iPadOS 16」

 コロナ禍の影響を受け、2年にわたりオンラインでの開催が続いたWWDCだが、2022年はようやく部分的にオフラインでの実施となったようだ。その初日となる2022年6月6日に実施された基調講演では、「iOS」「macOS」など各デバイスに向けたOSの新バージョンのほか、Apple Siliconベースの新しいプロセッサー「M2」、そしてそれを搭載した「MacBook Air」の発表など、非常に多岐にわたる発表があった。

 そして例年、アップルが重点を置いているものは基調講演の最後に発表される傾向にあるのだが、2022年では新OSとして最後に発表されたのはiPad向けのiPadOSの新バージョン「iPadOS 16」である。その変化をひと言で表すならば「macOS化」ということになるだろう。

 アップルはここ最近、Apple Siliconベースの「M1」をMacだけでなく下位のiPadを除く全てのiPad/iPad Proシリーズに採用しており、ハードウエア面で急速にMacとiPadの距離を近づけていた。そして今回発表されたiPadOS 16ではインターフェースを主体にソフトウエア面でもMacに近づけようとしている印象を受ける。

 最大の変化となるのは、iPadOSでウィンドウが使えるようになったことだ。これまでiPadOSでは、画面を分割して複数のアプリを同時に利用できる「Split View」を利用することはできた。さらに「Slide Over」を使うと3つ目のアプリをフローティングウィンドウとして表示できるが、使い方が限定的だった。だがiPadOS 16ではアプリのウィンドウ表示ができるようになり、macOSと同様にウィンドウを切り替えながら複数のアプリを利用できるようになったのだ。

 それに加えてiPadOS 16では、今回発表されたmacOSの新バージョン「macOS Ventura」に搭載された「ステージマネージャ」も利用できるようになっている。これは開いているアプリとウィンドウを自動整理する機能で、現在作業をしているウィンドウを画面中央に表示し、それ以外は左端に並べて表示することにより、複数のアプリをより切り替えやすくするというものだ。

 しかもステージマネージャでは1つのウィンドウだけでなく、複数のウィンドウをグループ化して切り替える仕組みも備えている。そうしたウィンドウを活用した機能をmacOSだけでなくiPadOS 16にも対応させた点からも、iPadOSとmacOSの距離をより近づけようとしている様子が分かるだろう。

「iPadOS 16」ではアプリをウィンドウとして立ち上げ、複数のウィンドウを切り替えながら利用できるようになっただけでなく、「macOS Ventura」の新機能「ステージマネージャ」も利用できる
「iPadOS 16」ではアプリをウィンドウとして立ち上げ、複数のウィンドウを切り替えながら利用できるようになっただけでなく、「macOS Ventura」の新機能「ステージマネージャ」も利用できる
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]