全2848文字
PR
(出所:アップル、以下同じ)
(出所:アップル、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple(アップル)は2022年6月6日(米国時間)より、開発者向けイベント「WWDC22」を開催した。WWDCは「世界開発者会議(World Wide Developers Conference)」の略で、その名が示す通り新しい技術や動作環境といった最新情報を開発者に提供する場だが、初日に開かれる基調講演はユーザーにとっても新機能や新製品の情報をいち早く得られる機会となる。

 今回、筆者が注目するのは、iPad向けOSの次期バージョン「iPadOS 16」とMac向け次期OS「macOS Ventura」に同時搭載される「ステージマネージャー」という機能だ。

 アップルは以前からiPadOSとmacOSは統合しないと明言しているが、ステージマネージャーから今後の方向性が見えてくる。iPadOS 16に搭載が予定されるステージマネージャーの関連機能を交えて詳しく紹介しよう。

サイズ可変のウインドウを重ねて表示できる

 iPadOS 16からは、M1チップを搭載する「iPad Pro」および「iPad Air」と、「A14 Bionic」といったAシリーズのチップを搭載する「iPad」および「iPad mini」でサポートされる機能が明確に分けられた。ステージマネージャーはそのうちの1つで、M1チップ搭載のモデルで利用できる。

 iPadOS 16には新たに画面の左下隅を内側に少しスライドするジェスチャーが追加された。この操作でフルスクリーンで表示されたアプリがやや小さくなり画面に浮かんで表示される。これがステージマネージャーに移行した状態だ。同時に表示されたDockから画面の上方にほかのアプリをドラッグすると、パソコンのマルチウインドウのようにほかのウインドウと重ねて表示される。ウインドウの縁をドラッグすることでサイズも自由に変更可能だ。

iPadOS 16に搭載される「ステージマネージャー」機能によって、iPadで初めてサイズ可変のウインドウを複数重ね合わせて配置できるようになる
iPadOS 16に搭載される「ステージマネージャー」機能によって、iPadで初めてサイズ可変のウインドウを複数重ね合わせて配置できるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のiPadOSはフルスクリーン表示が基本で、複数のウインドウを表示する場合は「Split View」機能で画面を2分割するか、フルスクリーン表示上に「Slide Over」機能でサイズ固定のウインドウを重ねて表示することしかできない。Split ViewやSlide Overは「マルチタスク機能」と呼ばれているが、パソコンのマルチタスクのイメージとは大きく異なる。

iPadOS 15までのマルチタスク機能はフルスクリーンが基本。Split Viewで画面を2分割し、Slide Overで3つ目のアプリを表示している
iPadOS 15までのマルチタスク機能はフルスクリーンが基本。Split Viewで画面を2分割し、Slide Overで3つ目のアプリを表示している
[画像のクリックで拡大表示]

 ステージマネージャーはiPadの画面に最大4つのウインドウを同時に配置でき、それらのセットを複数持つことができる。それぞれのセットは画面の左側にサムネイルで表示されており、タップで切り替え可能だ。

 同時に配置できるウインドウが最大4つと制限があるものの、実際の作業をイメージすると十分な数のように思われる。タスクや工程に合わせてセットを切り替えられるため、作業に集中する効果も見込める。