全926文字
PR

 災害対策の実施に必要な計画や基準を、従来の「過去の降雨実績などに基づくもの」から「気候変動による降雨量の増加などを考慮したもの」に見直すこと。河川では整備計画や基本方針に流量の増加を反映させるほか、海岸の保全でも気候変動による海面水位の上昇を踏まえて目標とする潮位を設定する。

この記事は日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)