(撮影:日経クロステック)
(撮影:日経クロステック)

徳島県のつるぎ町立半田病院は2021年10月にランサムウエア(身代金要求型ウイルス)攻撃の被害を受けた。同院は2022年6月7日、経緯などをまとめた有識者会議による調査報告書をつるぎ町議会に提示し、同月16日に一般にも公開した。この報告書を読み込んだ専門家は「日本のセキュリティー実態の縮図だ」と指摘する。報告書の内容と取材を基に、多くの企業や組織がセキュリティー水準を高めるために必要なポイントを探った。