全577文字
PR

 USBメモリーやSDカードといったリムーバブルメディアでファイルシステムをNTFSにすると、情報ファイルの更新など書き込み作業が増える。フラッシュメモリーの特性上、書き込み回数が増えれば寿命は短くなる。しかし、NTFSだと使える機能が増えるのも事実だ。長所と短所を理解したうえで使うならありだ(図1)。

図1 USBメモリーのファイルシステムをNTFSに変更すると、アイドル時に読み書きが増える。フラッシュメモリーの特性を考えると良くない。ただし、利用できる機能は増える
図1 USBメモリーのファイルシステムをNTFSに変更すると、アイドル時に読み書きが増える。フラッシュメモリーの特性を考えると良くない。ただし、利用できる機能は増える
[画像のクリックで拡大表示]

 リムーバブルメディアのフォーマット時のファイルシステムは、FAT32、exFAT、NTFSの3種類から選べる。その違いは図2の表の通り。4GB超のファイルを扱えるのは、exFATとNTFSで、今使うならこの2択だ。exFATは、パソコン以外にもHDDレコーダーやテレビなど、ほかの多くの家電でも読み書きできる。一方で、NTFSは圧縮や暗号化などに対応しており多機能だが、それらの機能を利用できるのはWindowsに限られ、読み書きできない機器も多い。圧縮や暗号化などの機能を活用するのであればNTFSを、それ以外なら、exFATを使うとよい[注]。

NTFSは数多くの機能が使える
NTFSは数多くの機能が使える
図2 USBメモリーで扱える3つのフォーマットを比較した。exFATとNTFSは4GB超のファイルも扱える。NTFSはOSの機能でのファイル圧縮や暗号化、別のドライブやフォルダーをマウントするジャンクションなども活用できる。今なら「exFAT」か「NTFS」の2択だ
[画像のクリックで拡大表示]