全966文字
PR

 ノートパソコンを長く使うとバッテリー駆動時間が以前よりも短くなる。それはバッテリーが劣化して充電できる最大容量が減ったからだ。バッテリーは消耗品であり使えば使うほど劣化が進む。ただ、誤ったバッテリーの使い方をすると劣化スピードが速まってしまう(図1)。常にAC電源につないで100%を維持させたり、40度超の場所でパソコンを放置したりするのが悪い使い方の代表例。これらに思い当たる節があるなら対策を施そう。

図1 購入当初よりバッテリー切れが早くなるのは、バッテリーがへたって(劣化)最大容量が減ったためだ。バッテリーが劣化するのは仕方ないことだが、下図のような誤った使い方をすると、劣化速度が速まる。ここでは劣化を最小限に抑える使い方を見ていこう
図1 購入当初よりバッテリー切れが早くなるのは、バッテリーがへたって(劣化)最大容量が減ったためだ。バッテリーが劣化するのは仕方ないことだが、下図のような誤った使い方をすると、劣化速度が速まる。ここでは劣化を最小限に抑える使い方を見ていこう
[画像のクリックで拡大表示]

バッテリーの劣化は2種類 保存劣化は自力で防げる

 バッテリーの劣化には「サイクル劣化」と「保存劣化」の2種類があり、それぞれ条件が異なる(図2)。サイクル劣化はバッテリーの充放電を繰り返すうちに劣化が進むので防げない。保存劣化は利用者の管理方法が劣化スピードを左右するので、ある程度は防げる。

バッテリーの劣化には2種類ある
バッテリーの劣化には2種類ある
図2 バッテリーの劣化は充放電を繰り返すうちに自然と起こる「サイクル劣化」と、使わなくても時間とともに容量が減る「保存劣化」の2種類がある。保存劣化は使い方次第である程度防げる
[画像のクリックで拡大表示]

 劣化のメカニズムを図3に示した。一般的に使われるリチウムイオンバッテリーは、正極から負極へのイオンの移動によって充電する仕組み。最初のうちはイオンの移動がスムーズだが、やがて化学反応によって生成された物質がイオンの移動を妨げるようになる。こうして移動できるイオンが減り、充電容量が減ることを劣化と呼ぶ。

●リチウムイオンの移動を妨げられると充電容量が減る
●リチウムイオンの移動を妨げられると充電容量が減る
図3 バッテリーの内部構造を模式図で示した。バッテリーはリチウムイオンが正極から負極に移動することで充電される(左)。使い続けていくうちに、化学反応によって生成された物質がリチウムイオンの移動の妨げとなり(右)、結果的に充電できる容量が減る
[画像のクリックで拡大表示]