全466文字
PR

 「外付けHDDが認識しなくなった」「スマホが充電できなくなった」といった異変が起きた際は、本体側に原因がなければUSBケーブルが故障した可能性が高い。普段からケーブルを引っ張ってパソコンから抜いたり、ケーブルを無理やり曲げて結んだりしていると断線しやすい(図1)。断線ケーブルの修復は不可能なので、誤った使い方をしているなら見直そう。

図1 パソコンやスマホで使うケーブル類は、扱い方が悪いと故障しやすい。多いのは断線で、ケーブルを小さくまとめるために結んだり、周辺機器を使い終わったときにケーブルを引っ張って抜くと断線しやすい
図1 パソコンやスマホで使うケーブル類は、扱い方が悪いと故障しやすい。多いのは断線で、ケーブルを小さくまとめるために結んだり、周辺機器を使い終わったときにケーブルを引っ張って抜くと断線しやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 ケーブルを束ねて整理するときは8の字にしながら円状で巻くのが基本だ(図2)。この方法で管理すればケーブルも傷まないし、棚に収納してもほかのケーブルと絡まったりしない。ケーブルを抜き挿しする際はケーブルではなく端子部分をしっかりと持ち、左右均等の力で真っすぐ引き抜く。

ケーブルは円状に束ねて保管する
ケーブルは円状に束ねて保管する
図2 ケーブルを傷めないように使うことが重要。保管するときは8の字にしながら円状に束ねたらコードクリップなどで留める(左)。周辺機器をパソコンから取り外すときは、ケーブルではなく端子を持つ(右)
[画像のクリックで拡大表示]