全580文字

 北海道大学大学院の横澤宏一氏らの研究グループは、「脳磁計」を2台連結し、仮想的に対面・対話している2人の脳活動を同時に記録できるシステムを構築した。自然なコミュニケーション状態で対話中の2人の脳機能を計測できることを確認した。オンラインコミュニケーション社会の基盤整備への活用が期待できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い