全522文字
PR

 産業技術総合研究所の西政康氏らの研究グループは、再生可能エネルギー由来の電力で製造した水素を原料とするアンモニア合成向けの触媒を開発した。合成反応の停止・再開を伴う運転条件でも高活性を維持できる。化石資源に代わる燃料として注目されるアンモニアの合成プロセス実用化につながる技術だという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)