全513文字

 大阪公立大学大学院の林晃敏氏らの研究グループは、高温領域で動作する高容量キャパシターを開発した。全固体電池でも使用される成型性の高い固体電解質を利用した。100度以上での使用も可能で、従来困難だった極限環境下や、冷却が必要だった従来品の代替蓄電デバイスとして応用できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料