全597文字

 東京工業大学の林智広氏らの研究グループは、医療材料のコーティング技術の1つである高分子ブラシコーティング膜の血液成分吸着量を予測する新手法を確立した。機械学習を用いて、さまざまな高分子コーティング膜の血液に対する防汚特性の正確な予測に成功した。材料開発において大幅な低コスト化と時間短縮が期待できるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料