全617文字

 東北大学と関西学院大学の研究グループは、高輝度光科学研究センター(JASRI)や物質・材料研究機構(NIMS)、大同特殊鋼などと共同で先端永久磁石材料内部の磁区構造の外部磁場に対する振る舞いを3次元(3D)で可視化した。従来手法では材料表面しか観察できず、得られる磁区画像は表面欠陥層などの影響を強く受けたものだった。高性能永久磁石開発に向けた保磁力メカニズムの解明につながるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料