全705文字

 九州大学の山崎仁丈氏らの研究グループは、プロトン伝導性電解質と電極界面におけるひずみと、プロトン伝導度を関連付ける定量モデルを構築した。高性能プロトン伝導性燃料電池セルにおける電解質中のプロトン伝導度を予測することに成功した。プロトン伝導性セラミックス燃料電池の高性能化が期待できる研究成果だという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料