全974文字
PR

 静岡県立大学などの研究グループは、昆虫の個体成長や成熟をつかさどるホルモンを作り出すために重要なメカニズムを発見した。キイロショウジョウバエを用いた研究を行った。昆虫が変態を開始するために必要とする遺伝子発現制御システムを理解するための基盤となる研究成果であり、食用・飼料用昆虫の生産技術開発など応用研究の基盤にもなるという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【初割】2/15締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/15締切】月額プランが3月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)