全2692文字
PR
(写真:加藤 康)
(写真:加藤 康)

 コンシューマーエレクトロニクス、ゲーム、半導体から映画、音楽、金融まで、かつての“電機メーカー”からは想像できないほど幅広いビジネスを展開するソニーグループ(ソニーG)。足元の業績は好調だが、今後の成長に向けてどのような分野のテクノロジーの強化が必要なのか。そして現場のエンジニアには何が求められるのか。2022年4月1日に最高技術責任者(CTO)に就任し、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)社長などを兼務する北野宏明氏に聞いた。(聞き手は、内田 泰、佐藤雅哉、高野 敦)

人工知能(AI)を使ったデータドリブンな事業モデルに力を注ぐとのことですが、どう実現していきますか。

 データドリブンな事業モデルでは、ビッグデータが重要です。ただし、単に膨大なデータを集めればよいというわけではありません。AIを駆使してデータを解析し、事業の成長につなげる必要があります。

北野氏発言の概要(出所:日経クロステック)
北野氏発言の概要(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 私が非常に重要だと考えているのは、データを連続的に収集し、そこから新たな価値を生み出し続ける事業モデルやサービスモデル、そしてそれらを支える一連のテクノロジーです。このことは、R&Dのメンバーにもこれまで以上に伝えています。

 例えば、センサーを活用して大量のデータを集めて解析すると、少ないデータしか集められない場合とは異なる大きな価値を生み出せます。その価値が高いデータを使えば、別の解析もできる。こうした事業ループを回せるようになります。このようなアーキテクチャーを考えてサービスを構築したり、プロセスに求められるテクノロジーを開発して実装したりできる人材をもっと増やす必要があります。

ループを回すというのは、あらゆる製品に適用できるのでしょうか。

 センサーを例にあげると、デバイス単体の開発では性能を高めることに集中する必要があるので、事業ループまで考える必要はありません。一方、その応用についてはAIが関係してくるのでこうした考え方が求められます。データを新しい価値に転換し続けるループをきちんと考え、ループ全体をテクノロジーで強固にしておかないと、事業はうまく回っていかないと思います。

ハードウエアで今後強化したい分野はどこでしょうか。

 やはり半導体関連です。これからも非常に高い成長が見込める分野だからです。コンシューマーエレクトロニクスでもさまざまな事業を展開しているので、これらに関するハードウエア技術はきちんと磨いておく必要があります。

 AIをはじめソフトウエアが重要と申し上げましたが、ハードウエアを重視していないという意味ではありません。ソニーGの強みは、高品位なハードウエアとソフトウエアにコンテンツが連動する点にあると考えています。だから、ハードウエア技術もしっかり強化していきます。