全2010文字
PR
(写真:加藤 康)
(写真:加藤 康)

 企業の競争力の源泉は人材である。特にソニーグループ(ソニーG)のようなグローバルなテクノロジー企業にとって重要なのは、国内に限らず世界から優秀なエンジニアを獲得することだ。しかし、そこでは海外の大手IT企業が強力なライバルとなる。2022年4月1日に最高技術責任者(CTO)に就任した、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)社長などを兼務する北野宏明氏に、優秀なエンジニアの獲得戦略などについて聞いた。(聞き手は、内田 泰、佐藤雅哉、高野 敦)

新しい事業モデルを確立するために技術のパイプライン(関連する技術群)が重要という話がありました。それを組織としてどう実現しますか。

 技術開発自体は、各分野の専門家が手掛けないと、レベルの高いものはできません。一方で、トップレベルの専門家の中には、自分たちの研究成果が世の中にどのようなインパクトを与えられるかという事業の側面にも高い関心を持つ人がいます。

北野氏発言の概要(出所:日経クロステック)
北野氏発言の概要(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、ソニーCSLには磯崎隆司というデータ分析のリサーチャーがいます。熱力学と統計力学の融合理論を研究してきた純粋な理論家です。彼は人工知能(AI)技術による大規模データ分析サービス「CALC(カルク)」を開発しました。このサービスは、さまざまな企業でデータ分析に使われています。

 このサービスを提供し始めたときに、彼は人づてではなく実際に顧客の現場に行ってどのように使われているのかを見たいと言っていました。現実世界のデータは複雑で扱いにくいものですが、そうしたデータを見ながら、より幅広い現場に適用できるレベルまで抽象化した理論を構築したいということでした。

 そうしたことを自力でできるリサーチャーやエンジニアもいますが、一般的には1人のリサーチャーが事業化までやろうとすると、研究開発が止まってしまいます。従って、ソニーCSLではリサーチャーに研究に集中してもらうために、応用先が決まったらその技術を展開するためのエンジニアリングや事業化を手掛ける専門組織を設けています。そのように、個別分析ができるエンジニアやデータアナリストがユーザー側のインターフェースとして立って、リサーチャーとユーザーのインタラクションを担う必要があると考えています。