電動垂直離着陸機(eVTOL)、いわゆる「空飛ぶクルマ」の社会実装が近づいている。スタートの号砲が鳴らされるのは、2025年4月に開幕する大阪・関西万博だ。そこでは、単なるデモ飛行ではなく、空港など会場外ポートとの2地点間飛行を含む商用運航の実現が目標とされている。もちろん、そのハードルは高い。航空機並みに安全な機体の開発だけでなく、離着陸場や各種の制度整備、社会受容性の確保など難題が山積みだ。空飛ぶクルマの社会実装に向けた最新の取り組みや、技術開発、環境整備などを追った。