全1275文字
PR

社会のコロナ禍対応も落ち着きを見せるようになり、「出社は週に数回」といった形で仕事をする人が増えてきた。しかし、普段は出社でたまにテレワークという働き方は意外に準備が面倒。そこでこうした新時代に向くパソコンと周辺機器を紹介する。

 テレワークにより通勤する機会は減ったが、ノートパソコンや資料など、持ち歩く荷物は意外と多い。そのため、仕事道具を持ち運ぶバッグは重要だ。お薦めは、手持ちや肩掛けではなく、背負うタイプの「ビジネスリュック」だ。

 黒基調で一見どれも似たようなデザインだが、もちろんテレワークに向くバッグの条件はある。図1に挙げた4つだ。特に重要なのはバッグの容量だ。マチが狭く、薄く仕上げたバッグもあるが、周辺機器も一緒に持ち歩くなら15~20L(リットル)前後あると安心だ。

●バッグ選びのポイントは?
●バッグ選びのポイントは?
図1 テレワークにお薦めのビジネスリュックの条件は、バッグの容量、対応するパソコンのサイズ、荷室やポケット数や使いやすさ、そして防水性能になる
[画像のクリックで拡大表示]

 また収納できるパソコンのサイズ、荷室の数、ポケットの多さや使いやすさ、防水性にも注目したい(図2)。

図2 左は前ポケットが2つあるIncaseの「A.R.C. Commuter Pack」。メインとパソコンの荷室と収納が多い。右はエースの「ガジェタブル バーテクト」で、パソコンの収納が独立している
図2 左は前ポケットが2つあるIncaseの「A.R.C. Commuter Pack」。メインとパソコンの荷室と収納が多い。右はエースの「ガジェタブル バーテクト」で、パソコンの収納が独立している
[画像のクリックで拡大表示]

前に抱えやすい薄型&スクエアのビジネスリュック

 ビジネスバッグブランドの「エース」が手掛けるビジネスリュックが「ガジェタブル」シリーズ。使用する素材などの違いで、複数モデルを展開する。「バーテクト」は、抗ウイルス・抗菌機能がある合成皮革を使ったモデル(図3)。合皮だが高級感ある仕上がりだ。完全防水ではないが耐水性は高い。

図3 本体には抗ウイルス・抗菌加工を施した「バーテクトクロス」を使用する。15Lの容量がある上位モデルで、15.6型までのノートパソコンを持ち歩ける
図3 本体には抗ウイルス・抗菌加工を施した「バーテクトクロス」を使用する。15Lの容量がある上位モデルで、15.6型までのノートパソコンを持ち歩ける
[画像のクリックで拡大表示]

 容量の違いで3種類を用意している。お薦めは15Lと一番大きなモデル。それでも厚さ10cmとスリムで、電車内で前に抱えるスタイルも取りやすい。また、スクエアなデザインなので、見た目以上に収納力があるのも魅力だ(図4左)。サイドポケットはないが、かばん内に収納した傘やペットボトルを取り出しやすいスルーポケットがある(図4右)。

図4 左はメインの荷室。ここにはタブレットや資料などを入れられるポケットを用意。傘やペットボトル用に作られたスルーポケットは、かばんの横にあるファスナーを開けるとアクセスできる(右)
図4 左はメインの荷室。ここにはタブレットや資料などを入れられるポケットを用意。傘やペットボトル用に作られたスルーポケットは、かばんの横にあるファスナーを開けるとアクセスできる(右)
[画像のクリックで拡大表示]