全4398文字
PR

 前回のバイオ燃料に続いて、今回はカーボンニュートラル(炭素中立、CN)燃料の観点で水素に焦点を当てる。本連載の初回でも触れたように、水素は、燃料電池(FC)や内燃機関(ICE)による直接燃焼(水素エンジン)など、単独でもエネルギーキャリアーとしての活用が検討されている。だが、ここでは水素そのものの活用よりも、アンモニアや合成燃料など他のCN燃料の原料としての水素の位置付けやポテンシャルについてみていきたい。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)