全2329文字
PR

サイズと接続で選ぶ

 打ち心地に加えてキーボードの大きさも選択条件の1つだ。Excelをよく使うならテンキー付きがお薦めだが、机の上に広い場所が必要だ。僕は省スペース性の高さからテンキーレスを利用している。用途とスペースを考えて大きさを選ぶとよいだろう。

 次に考慮すべきは接続方式。最近はBluetoothによる接続を採用しているキーボードでも、複数のデバイスと接続できるタイプが増えてきている。複数のデバイスとペアリングしておき、切り替えて使える。

 これに加え、有線でも接続できる製品がベテランユーザーには人気だ。例えば、メインマシンのデスクトップとはUSBケーブルで有線接続しておき、セカンドマシンやiPad、スマホとはBluetoothで接続する。こうして1台のキーボードを切り替えて使うわけだ。

 僕も愛用しているのはこのタイプだ。メインマシンとはUSBで接続するので、キーボードのバッテリー消費を抑えられる。また、メインマシンのBIOS(Basic Input Output System)設定でも利用できるのが便利だ。

 ワイヤレスで利用するなら電源もチェックしておこう。乾電池で動くタイプは、電池切れの対応がしやすい。エコが気になるなら市販の乾電池型の2次電池を使えばよい。個人的にはUSBで充電できる製品が好みだ。電池が減ってきたら寝る前に充電するだけで十分。案外手間はかからない。

 この夏休みにじっくりとキーボードを選んでみてはいかがだろう。良いキーボードはパソコン周辺機器の中でも、投資効果が高いことに気付くはずだ。

同じテンキー付きのフルキーボードでも、機種によって大きさが若干違う。
同じテンキー付きのフルキーボードでも、機種によって大きさが若干違う。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
テンキーレスのキーボードは横幅が狭い。
テンキーレスのキーボードは横幅が狭い。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
Bluetooth接続のキーボードでも、USB接続で充電するタイプが増えている。
Bluetooth接続のキーボードでも、USB接続で充電するタイプが増えている。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
乾電池式も根強い人気がある。外出先などいざというときでも対応しやすい。
乾電池式も根強い人気がある。外出先などいざというときでも対応しやすい。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
MX Keysは3台のデバイスとBluetoothで接続できる。専用キーで接続先を切り替える。
MX Keysは3台のデバイスとBluetoothで接続できる。専用キーで接続先を切り替える。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
R3HC11はUSB接続に加えてBluetooth経由で4台と接続できる。合計5台のデバイスを切り替えて利用できる。
R3HC11はUSB接続に加えてBluetooth経由で4台と接続できる。合計5台のデバイスを切り替えて利用できる。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
戸田 覚(とだ さとる)
ビジネス書作家。アバンギャルド/戸田覚事務所 代表取締役。ブログ、著書累計150冊以上、連載25本。IT関連、パソコン、プレゼン、企画書、Webドキュメントなど、仕事に関する幅広い著書を持ち講演も多数。テレビ・ラジオにもレギュラー出演している。 Facebook:https://www.facebook.com/toda001