全2045文字
PR

 ネットワークカメラは、映像や静止画をWi-Fi経由でスマートフォンなどに送って見られるカメラだ。専用の受信機や専用回線は不要で、基本的にWi-Fi環境があれば手軽に導入できる。今回はその1つ、アトムテック(横浜市)の「ATOM Cam Swing」を取り上げる。価格が手ごろで多機能なネットワークカメラだ。公式オンラインショップの価格は4980円(税込み、以下同)である。

 ATOM Cam Swingは遠隔操作によりカメラの向きを上下左右の好きな方向に向けて映像をモニターできるほか、夜間でも明るいカラー映像が得られるカラーナイトビジョン機能、動くものを自動追尾する機能、カメラとスマホの双方向通話機能などを備える。自宅に設置して防犯や見守りに利用すれば、外出中の安心感が得られそうだ。出勤中、自宅に残したペットの様子が気になる人にも向いているだろう。

アトムテックのネットワークカメラ「ATOM Cam Swing」
アトムテックのネットワークカメラ「ATOM Cam Swing」
(写真はスタジオキャスパー、記載がないものは以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
360度回転する底面と、上下に動くカメラ部分で、上下左右の好きな方向に向けて映像をモニターできる
360度回転する底面と、上下に動くカメラ部分で、上下左右の好きな方向に向けて映像をモニターできる
[画像のクリックで拡大表示]

設定は分かりやすく簡単

 ATOM Cam Swingのパッケージには、カメラ本体とACアダプター、電源用のUSBケーブルが入っている。設定は分かりやすく簡単で、スマホに専用アプリをインストールして起動したら、その指示に従うだけだ。例えば「本体を電源に接続してセットアップボタンを長押しする」といった指示が出る。指示に従って操作すると音声で「接続待ちです」と流れ、アプリの画面でチェックを入れて次の段階に進む、といった具合だ。設定作業で悩むような部分はなかった。スマホでWi-Fiの接続設定ができる人なら戸惑うことはないだろう。

本体のほかにACアダプター、電源用のUSBケーブルが付属する
本体のほかにACアダプター、電源用のUSBケーブルが付属する
[画像のクリックで拡大表示]
専用アプリの指示に従って設定する
専用アプリの指示に従って設定する
(アプリの画面を筆者がキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 付属のUSBケーブルは、本体に接続する側がL字型コネクターになっている専用品だ。平たくて折り曲げやすいので、窓枠や壁に沿わせて設置しやすい。ケーブル長は1.8メートルあるが、それでも長さが不足する人向けに、4.5メートルのケーブルが公式オンラインショップで販売されている。