全4399文字

 正解は(3)。「日本IBM」です。

 文化シヤッターは日本IBMに販売管理システムの構築を委託していましたが、その後開発継続を断念。2017年度第2四半期決算(2017年7~9月)で17億4500万円の特別損失を計上しました。文化シヤッターは開発失敗の原因が日本IBMにあるとして、支払った費用など27億4475万5157円の損害賠償を求め提訴。日本IBMは追加作業に伴う費用などの支払いを求めて反訴していました。文化シヤッターによると、地裁判決では文化シヤッターの請求について一部を認め、日本IBMの反訴は棄却したということです。

 次の問題です。

【問題6】NECがメインフレームで5年ぶり新機種、そのシリーズ名は?

 NECは2022年6月30日、同社のメインフレーム「ACOS-4」シリーズの最新機を発表し、同日販売を始めました。

 その製品名はどれでしょうか。

  • (1)ACOS-400
  • (2)i-PX AKATSUKI/A1シリーズ
  • (3) i-PX AKATSUKI/A10シリーズ
  • (4)i-PX AKATSUKI/A100シリーズ