新型コロナウイルス禍で拡大した日本のEC(電子商取引)市場が「成長痛」ともいえる課題に直面している。クレジットカードの不正利用や行き過ぎた転売などが横行し、市場の健全性を脅かしているのだ。巧妙化する不正や悪質行為にどう向き合い、対策の実効性をどのように高めていくべきか。安心・安全な商品売買の仕組みを確保するための課題と取り組みを検証する。