最大10Gビット/秒のアクセス回線サービスを提供するプロバイダーが続出し、家電量販店には2.5Gビット/秒のポートを備えたネットワーク機器が並ぶ。無線LANではIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)に対応した製品が普及している。それぞれどのようにして高速化を実現しているのか。その「裏側」に迫る。