「長期的取り組みで成果を出せる材料技術は日本の強み――などというのは過去の幻想」。材料開発の所要期間は劇的に短縮している。コンピューターによるデータ処理で材料開発を進めるマテリアルズ・インフォマティクス(MI)が現実のものになってきたためだ。日本の強みを維持し続ける方法はあるのか、実践的MIに向けた取り組みの実態を探る。