データを扱う際には「統計」の知識は避けては通れない。統計学の基礎を学び、データの特徴を示す記述統計のプログラムをPythonで作ることで、統計の知識を深めていく。