全8931文字
PR

最近は新品でも安価に入手できるデバイスが増えてきた。こうしたデバイスに最新のLinuxを入れると、小型パソコンとして利用できるようになる。それぞれのデバイスの特徴に合わせた用途に使えるようLinux化する方法を紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]

iPadOSに似た「JingOS」と、Debianベースの「Mobian」を使い、タップ操作で使えるタブレット型のLinux PCを作ってみましょう。

 実売3万円ほどで販売されている格安WindowsタブレットPCをLinux化して、Androidタブレットや米Apple社の「iPad」ライクに使えるようにします。中国のメーカーが作る、いわゆる「中華タブレット」は、低価格な割に十分な性能な持ち、Linuxをインストールして楽しむ余裕があります。

Linux化するデバイス
WindowsタブレットPC「Teclast X16」

 中国Teclast社が2021年に発売した「Teclast X16(B1C1)」を使用します。11.6型タッチパネルを備えた「Surface」タイプのWindowsタブレットPCです(表1)。別売りの着脱式の専用キーボードを接続してラップトップPCとしても使用できます。ネット通販サイトでは2万円台と低価格ですが、Windows 10 Homeがインストールされています。

表1 「Teclast X16(B1C1)」のスペック
表1 「Teclast X16(B1C1)」のスペック
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUはエントリークラスの「Intel Celeron N4020」ですが、搭載メモリーは6Gバイト、内蔵ストレージは128GバイトのeMMCと余裕があります。拡張ポートは、USB 3.0が2ポート、Micro HDMIと3.5mmヘッドフォン端子が各1ポートです。

 中華タブレットに使われているパーツの中には、国内外の主要なタブレットでは見かけないものがあり、専用ドライバをインストールしないと動作しないことがあります。Teclast X16に使われているサウンドデバイスの「ESAuDriver」は、現時点ではLinuxに対応しておらず動作しません。