全2606文字
PR

ルーターを家具の後ろに隠してもよい?

 Wi-Fiルーターは見通しの良い場所に置く方がよいと言っても、部屋のデザインと合わないなどの理由で見えない場所に置いておきたいという人もいるだろう。テレビの裏に隠すと、どれくらい影響があるかを試した(図1)。

●テレビの後ろに隠す
●テレビの後ろに隠す
図1 Wi-Fiルーターを見えない場所に隠したいという人もいるだろう。テレビの後ろに隠すと影響があるか確認した
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はWi-Fiルーターをテレビの裏に置く場合と、テレビの横に並べた場合で比較した。計測地点はテレビの前にあるテーブル(ポイントB)だ。隠しているといっても周囲を囲んでいるわけではなく、計測地点が近いということもあり、テレビの裏に置いても速度にほぼ影響はなかった(図2)。

●アンテナの向きによって影響あり
●アンテナの向きによって影響あり
図2 テレビの後ろに隠しても通信速度に影響はなかった。ただ、アンテナの向きを変えると速度が落ちる場合があった
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、これはアンテナの向きを適切に調節した場合。図1のように全てを直立させ、部屋の中央に向けて配置すると、同じ距離でも200Mbpsほど速度が落ちた。比率では約22%と、無視できない差だ。やはりテレビは電波にとって邪魔になっていたようだ。

 今回利用したWXR-6000AX12Sはアンテナを倒す、回すといった操作で送信する向きを細かく調整して対処できる。しかし、アンテナ内蔵タイプで同様のことはできない。もし内蔵タイプで影響が出てしまうようであれば、ほかの置き場所を考えた方がよいだろう。

ルーターを収納に隠すとどうなるか

 Wi-Fiルーターを見えない場所に置く場合、収納にしまうという手もある。引き出しに入れた場合はどうなるのか、検証した。

 今回はテレビ台の引き出しを使用し、ケーブルは裏に出すことで見えない状態を作った(図1)。テレビの裏とは異なり、完全にWi-Fiルーターを覆う形だが、正常に通信できるだろうか。

●引き出しに入れるとどうなる?
●引き出しに入れるとどうなる?
図1 テレビの裏は影響が出る場合があったため、今度はテレビ台にある引き出しに入れてみた
[画像のクリックで拡大表示]

 結果は、図2の通りほぼ影響なかった。テレビ台が木製だったため、影響が少なかったと思われる。

●影響はほぼなし
●影響はほぼなし
図2 計測点が近かったこともあり、速度への影響はほぼなかった。ただ、速度以外の注意事項もある
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、速度への影響はほぼなかったものの、引き出し等の収納に入れる方法はほかの注意点がある。主に排熱の問題だ。Wi-Fiルーターはこうした狭いところに入れることを想定していない。熱がこもることで動作不良や故障につながる。今回はテストのためにごく短時間だけ動作させたが、放熱が阻害されるためWXR-6000AX12Sはマニュアルで横置き自体を禁止している。

 熱の問題がクリアできても、アンテナ付きの高性能モデルは収納の中では外部アンテナの位置調節に制限が生まれる。隠すとしても、あまり良い方法ではないだろう。