全1558文字
PR

 Windows11は操作方法などを自分好みにカスタマイズしたくても、現状ではかなわないことが大半だ。それは「設定」画面ではユーザーインタフェース(UI)の変更が制限されていてカスタマイズの自由度が低いから。例えば10のようにタスクバーの位置を動かすことはできない。今後のアップデートで緩和される可能性はあるが、やりたければ現状ではフリーソフトを使うしかない。本パートではそうしたアプリをいくつか紹介する。

 ただし、11のカスタマイズには細心の注意が必要だ。本パートのアプリはレジストリ(OSの設定情報)を直接書き換えたりするため、必ずしも〝安全〟が保障されない。元の状態に戻せなくなったり、動作が不安定になったりする可能性もある。ある程度の知識がある人が自己責任で行ってほしい。

英語版で上級者向け トラブル対処は自己責任で

 〝ある程度の知識〟とは、例えば「システムの復元」や「イメージバックアップ」などのトラブル対策がその筆頭。不具合が起きても元の状態に戻せるように、復元ポイントの作成やCドライブの丸ごとバックアップをしておく。本パートのアプリは英語版ばかりで、トラブルに遭う可能性は以前に紹介した「高速化編」よりずっと高い(編集部では個別のご質問にはお答えしかねる)。

 図1ではフリーソフトの「Taskbar11」を使い、タスクバーをデスクトップ画面の上端に移動させ、右クリックメニューを10のものに変更した。設定画面は図2の通りで、タスクバーの位置を「Bottom」から「Top」に変更し、古い右クリックメニュー(Context Menu)を使うチェックをオンにする。

11でなくなった機能を復活させる
11でなくなった機能を復活させる
図1 Windows11はタスクバーの位置がデスクトップ画面の下端から移動できない。そんな11でもフリーソフトを活用すればタスクバーをデスクトップ画面の上端に配置できる。11の右クリックメニューを10のものに戻すなど、10の使い勝手に戻すこともできる
[画像のクリックで拡大表示]
タスクバーをデスクトップ画面上端に移動
タスクバーをデスクトップ画面上端に移動
図2 ダウンロードした「Taskbar11.exe」を起動する。タスクバーを画面上端に配置するには「Taskbar Position」を「Top」に変更して「Save」を押す(1)(2)。右クリックメニューを10のものに戻すには「Use Old Context Menu…」にチェックを付けてから「Save」を押す
[画像のクリックで拡大表示]