全1102文字
PR

 銀行なら通帳、保険なら証券があればわかりやすいが、ネット銀行やネット保険では証書がないことも多い。取引があることを紙面に残さないと、無駄になってしまう(図1)。相続手続きが完了後に発覚すれば、脱税を疑われることもある。

紙で残さなければ気付かれない
紙で残さなければ気付かれない
図1 預貯金など相続に絡む遺産は書面で明確に残さないと、気付かれなかったり、気付いても後の祭りということもある(イラスト:森 マサコ)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 相場や仮想通貨などに投資している場合、相場の動きによっては追加の支払いを要求されることもあり得るので、すぐに取引を中止するよう書き残すべきだ。万一、遺産より追加支払い額が多い場合は、相続を知ったときから3カ月以内なら相続放棄ができるので、確認は急いだほうがよい。

 預け先や投資先がわかれば、遺族が連絡することで取引を即座に中止できる(図2)。念のため、取引先のウェブサイトで相続手続きを確認しておくと安心だ(図3)。預金口座が凍結された場合、遺産分割協議の前であっても一定金額は引き出せるよう法改正されたので、すぐ手続きしても問題ない。

死亡時は即口座凍結の原則
死亡時は即口座凍結の原則
図2 オンラインの銀行や証券会社の多くは、このような手順で相続手続きを行う。死亡の連絡と同時に口座の取引は制限され、実質的に口座凍結となる。ただし、預貯金の場合、一定額の引き出しは可能
[画像のクリックで拡大表示]
事前に相続手続きを確認
事前に相続手続きを確認
図3 GMOクリック証券では遺族が電話で連絡することで口座の取引が制限される。ただし、証券の相場は動いているため、口座解約までの期間に損得が発生することがある
[画像のクリックで拡大表示]

 YouTubeやアフィリエイトなど、ネットからの収入がある場合、本人が死亡しても収入が発生することがある。これもまた立派な遺産だ。一身専属のサービスもあるが、グーグルのように相続可能なサービスもある(図4図5)。こうした活動をしているなら、ぜひ書き残しておこう。

相続可能なアフィリエイトもある
相続可能なアフィリエイトもある
図4 Google AdSenseでは、生前のアカウント譲渡はできないが、死亡時には受取人名義の変更が可能
[画像のクリックで拡大表示]
図5 ユーザーが生前に手続きをしていない場合でも、AdSenseやYouTubeなどからの収益の受け取りを相続人がリクエストできる
図5 ユーザーが生前に手続きをしていない場合でも、AdSenseやYouTubeなどからの収益の受け取りを相続人がリクエストできる
[画像のクリックで拡大表示]