誰もが二次利用可能な「オープンデータ」の整備を進め、官民を問わず蓄積したデータを流通させることで付加価値を生む――。社会全体は既に、多様で膨大なデジタルデータを使いこなす時代に突入している。従来の業務の延長線上でデジタル化やデータ活用に取り組むだけでは、時代の波にのまれてしまう。建設業界が「データ時代」に乗るためには何が必要か。データの活用や流通を巡る最新動向を追った。

(写真:Richinpit/Getty Images)
(写真:Richinpit/Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]