全679文字
PR

 世界的なインフレの波、円安の進行。エネルギー資源問題に、長引く感染症対応。こうした困難な課題に企業が直面する中で、2023年に飛躍が見込まれるのはどんな業界なのか。『日経業界地図 2023年版』から、要注目分野の「業界地図」を紹介する。今回は、コンピューター・パソコンをめぐる業界地図を見ていこう。

「コンピューター・パソコン」のポイント
  • 長引くコロナ禍でパソコン世界市場の好調続く
  • 国内サーバー市場はクラウドシフトで低調

 パソコンはディスプレーやキーボード、半導体などのハードウエアと基本ソフト(OS)や業務ソフトなどのソフトウエアで構成される。独自OSを持つ米アップルを除き、米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を採用するパソコンが市場のほとんどを占める。

市場は引き続き拡大
市場は引き続き拡大
(出所)米IDC
[画像のクリックで拡大表示]
首位がシェアを縮小
首位がシェアを縮小
(出所)MM総研
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

最近の動向

 MM総研によると、2021年の国内パソコン市場は前年比16.9%減の1322万台。全国の小中学生に1人1台のパソコンを配備する「GIGAスクール構想」の反動が大きく出た。