全3537文字
PR

 米Apple(アップル)は2022年9月7日(米国時間)に新製品発表会を実施した。注目されるのはやはり新しい「iPhone 14」シリーズであろう。衛星通信を用いた緊急SOSやeSIMの積極化など通信面で注目すべき要素は多いが、一方で基本となる機能・性能面を見ると気になる部分も多い。

噂されていた衛星通信は緊急SOSに活用

 毎年大いに注目を集めるアップルの新iPhone発表。2022年も例年通り、米国時間の9月7日に新製品発表会を開催し、新しい「iPhone 14」シリーズ4機種が発表されている。

 ベーシックモデルの「iPhone 14」と上位モデルの「iPhone 14 Pro」シリーズは、ともにディスプレーサイズが6.1インチと6.7インチの2機種を用意。iPhone 12/13シリーズで販売不振となっていた「mini」のラインアップが姿を消し、ここ最近のスマートフォンのトレンドにならう形で大画面志向を強めたようだ。

「iPhone 14」シリーズでは「mini」が廃止され、6.1インチの「iPhone 14」と6.7インチの「iPhone 14 Plus」の2機種展開に。市場ニーズに合わせ大画面化が進められたようだ
「iPhone 14」シリーズでは「mini」が廃止され、6.1インチの「iPhone 14」と6.7インチの「iPhone 14 Plus」の2機種展開に。市場ニーズに合わせ大画面化が進められたようだ
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてiPhone 14シリーズで注目を集めたのは、衛星通信の活用であろう。これまであまり一般的とはいえなかった衛星通信だが、携帯電話の基地局を設置できない場所でも通信できることから、5Gの次の世代となる「6G」ではその活用が期待されており、ここ最近大きな動きも相次いでいる。

 実際、2022年8月25日には実業家のイーロン・マスク氏が設立した米SpaceXと、独T-Mobile(Tモバイル)の米国法人が共同で、衛星とスマートフォンで直接通信できるサービスを2023年より提供することを明らかにしている。また日本でも楽天モバイルが、米AST & Scienceに出資してスマートフォンと衛星を直接つないで通信できるようにする「スペースモバイル計画」を打ち出し、取り組みを進めている状況だ。

 そうしたこともあって、新しいiPhoneでも衛星通信が利用できるようになるのではないか、という臆測報道が出ており注目されていたのだが、実際にiPhone 14シリーズで衛星通信に対応したことには驚きがあった。ただその内容は、多くの人がイメージしていたものとは違っていたというのも正直なところであろう。

 というのもiPhone 14シリーズで提供されるのは、衛星通信を活用して携帯電話がつながらない場所から緊急SOSを発信できるというもの。衛星通信は一度に通信できる量が小さいのに加え、iPhone 14シリーズはスマートさを重視し、従来の衛星携帯電話機のように衛星と通信するための大型アンテナを搭載していないことから、利用用途を最小限に絞ったとみられる。

「iPhone 14」シリーズ共通で対応している、衛星通信を活用した緊急SOSの発信機能。送信時はアプリの指示に従い、iPhoneを衛星の方角に向ける必要がある
「iPhone 14」シリーズ共通で対応している、衛星通信を活用した緊急SOSの発信機能。送信時はアプリの指示に従い、iPhoneを衛星の方角に向ける必要がある
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 それゆえ実際に通信するにはアプリの指示に従いiPhoneを衛星の方角に向ける必要があるなどの手間が発生する。加えて、送信できるメッセージもある程度限定されており、独自技術で圧縮して送られる仕組みだという。また衛星通信経由で送られたSOSのメッセージを専門家がいる中継センターで内容を判断、その上で緊急機関へ救援を要望する仕組みとなるようで、当初利用できるのは米国とカナダに限られるとのことだ。

 ただこの機能を緊急時に利用するだけでなく、位置情報を送り他の人と共有できるなど日常で利用できる仕組みも提供されるようだ。機能がかなり限定されているだけに、iPhone 14の投入で本格的な衛星通信の活用につながるとは考えにくいが、今後の衛星通信活用に向け1つの方向性を示したことは確かだろう。