全2857文字
PR

 「iPhone 14」を含む米Apple(アップル)の製品が発表された。すっかり秋の恒例イベントのようになっているが、年々その話題性が低くなっている気がするのは僕だけではあるまい。例えばテレビの地上波ではほとんど報道されなかった。

 発表された製品は、どれも僕にとっては大きな魅力があった。だが一般的なユーザーからすれば、iPhoneは「何が違うの?」といった変化でしかないだろう。iPhoneもコモディティー化してきたということだが、一抹の寂しさがあるのは否めない。

 製品としてはあまり変わっていないが、ラインアップには変化があった。小型の「iPhone 13 mini」に相当するモデルがなく、代わりに「iPhone 14 Plus」が登場した。当面iPhone 13シリーズも併売されるので、小型のモデルを望むならiPhone 13 miniを選ぶという手段は残されている。

 プロセッサーはiPhone 13と同じ「A15 Bionic」だが、GPUのコアが1つ増えている。これだと体感上の違いはほとんどないだろう。

 カメラはかなり強化された。新しく「Photonic Engine」が搭載され、カメラの画質向上は期待できる。また、被写体の前後をぼかして際立たせる「シネマティックモード」が4Kに対応し、手ぶれ補正を強化した「アクションモード」も搭載する。フロントカメラのオートフォーカスも新搭載だ。

 また、衝突検出機能が搭載されたのは素晴らしい。万一事故に遭遇した際に、自動的に緊急通報してくれる。バッテリー駆動時間も動画再生時間が1時間ほど延びている(iPhone 14とiPhone 13を比較)。

 iPhone 14の価格は直販で11万9800円(税込み、以下同様)からで、iPhone 13とは1万2000円ほどの価格差がある。こうした得失を冷静に判断して選べばよいだろう。ただしiPhone 14のほうが長期間使える可能性が高く、下取りも高いと予想される。個人的に買うならiPhone 14を選ぶ。

iPhone 14は小型の「mini」がなくなり、新たに大画面の「iPhone 14 Plus」が導入された。
iPhone 14は小型の「mini」がなくなり、新たに大画面の「iPhone 14 Plus」が導入された。
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]
「アクションモード」は屋外で動きながら撮影する際の手ぶれを軽減する。
「アクションモード」は屋外で動きながら撮影する際の手ぶれを軽減する。
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]