全963文字
PR

Windowsには「コマンドプロンプト」というシェル(コマンド実行環境)がある。キーボードで命令(コマンド)を入力してファイル操作などの作業が可能だ。通常のアプリではできないことができたり、エクスプローラーだと手間がかかる作業が一瞬で終わることもしばしば。パソコン上級者を目指すなら基礎知識としてぜひ押さえておきたい。

 コマンドプロンプトではChrome(クローム)などのアプリを「外部コマンド」として実行できる(図1)。それに対し、dirなどコマンドプロンプト固有のものを「内部コマンド」と呼ぶ。一連のコマンドを記述するバッチファイルも外部コマンドの一種だ。

図1 dirなどコマンドプロンプトでのみ実行できるコマンドを「内部コマンド」と呼ぶ。それ以外にChromeやExcelなどを「外部コマンド」として実行することもできる
図1 dirなどコマンドプロンプトでのみ実行できるコマンドを「内部コマンド」と呼ぶ。それ以外にChromeやExcelなどを「外部コマンド」として実行することもできる
[画像のクリックで拡大表示]

 アプリ(外部コマンド)を実行する際はフルパスを指定する(図2)。カレントディレクトリにあるアプリならexeファイル名だけでもよいが(拡張子は省ける)、そうしたケースはまれだろう。まず、アプリ(exeファイル)のある場所を調べる必要があるので、フルパス指定は結構面倒だ。

図2 外部コマンドは基本的にフルパスで指定する(拡張子は省略可能)。ただしカレントディレクトリにあるプログラムや、メモ帳(notepad)など一部のアクセサリ類はプログラム名だけでもOK
図2 外部コマンドは基本的にフルパスで指定する(拡張子は省略可能)。ただしカレントディレクトリにあるプログラムや、メモ帳(notepad)など一部のアクセサリ類はプログラム名だけでもOK
[画像のクリックで拡大表示]

何でも起動できるstart フルパスでなくてもOK

 そこで活用したいのがstartというコマンド。ExcelやChromeなどはそのexeファイルを引数として指定するだけで起動できる(図3図4)。これはアプリの場所(パス)に関するWindowsの設定情報が使われるためだ。従って、ZIPファイルから展開して直接起動するフリーソフトなどはフルパスでないと起動できない。

図3 フルパス指定が面倒ならstartコマンドを使うとよい。Windowsに登録されたアプリのパスが検索されるので、フルパス指定でなくても問題はない
図3 フルパス指定が面倒ならstartコマンドを使うとよい。Windowsに登録されたアプリのパスが検索されるので、フルパス指定でなくても問題はない
[画像のクリックで拡大表示]
図4 ExcelやWord、メモ帳、Acrobat Readerなども同様。ただし、Windowsにパスが登録されているアプリに限られるので、インストールせずに直接起動するフリーソフトなどはうまくいかないことが多い
図4 ExcelやWord、メモ帳、Acrobat Readerなども同様。ただし、Windowsにパスが登録されているアプリに限られるので、インストールせずに直接起動するフリーソフトなどはうまくいかないことが多い
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsの設定情報を利用するため、startでは文書ファイルも開ける(図5)。その文書ファイルの関連付け情報を基に、適切なアプリが起動して文書を開く。

●関連付けられているアプリでファイルを開く
●関連付けられているアプリでファイルを開く
図5 文書ファイルを指定すると、それに関連付けられているアプリで開く。基本的にダブルクリックしたときと同じだ
[画像のクリックで拡大表示]