全1121文字

 ブルドーザーやダンプトラック、油圧ショベルといった土木工事に用いる重機の自動運転技術の試験導入が国内の大規模現場を中心に進んでいる。重機を運転するオペレーターの減少や高齢化といった人材不足問題の解消に加え、昼夜連続施工を容易にして生産性向上も図る狙いがある。自動化重機の実工事への適用という点では、世界でも日本が一歩リードしている状況だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!