全2444文字
PR

 「おお、なんだこれは。これまでとぜんぜん違うじゃないか」――。毎年、新型「iPhone」の分解に立ち会ってきた記者が驚きの声を上げた。米Apple(アップル)が2022年9月16日に発売した「iPhone 14」のディスプレー部をこじ開けると、これまで見たこともないような濃紺色の金属プレートが全面を覆っていたからだ(図1)。

 2021年に発売された「iPhone 13」シリーズまでは、ディスプレー部を開けるとすぐに、メイン基板やLi(リチウム)イオン2次電池などの主要部品が姿を見せた(図2)。ところが、iPhone 14では、ディスプレー部を開けても金属プレートが見えるだけだったのである。

図1 「iPhone 14」を分解し、ディスプレー部を開けた様子
図1 「iPhone 14」を分解し、ディスプレー部を開けた様子
ディスプレー部とメイン基板などをつなぐフレキシブル基板のコネクターは、金属プレートに開いた穴から簡単に取り外すことができる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 前機種「iPhone 13」を分解した際にディスプレー部を開けたときの様子
図2 前機種「iPhone 13」を分解した際にディスプレー部を開けたときの様子
(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 「さてどうやって金属プレートを取り外そうか」

 ディスプレー部を開けて見えた金属プレートは、簡単に取り外せるようなものではないようだ。境目を確認するべく、ケースのふちにこびりついたディスプレー部用の接着剤を、マイナスドライバーで削り取ってみる。すると、金属プレートはきょう体のフレームと一体化していた。つまり、この金属プレートはスマートフォンのセンターパネルなのである。

 センターパネルを用いて、メイン基板などの主要部品とディスプレーを分ける構造は、他社のスマートフォンではよく見られる。しかし、歴代のiPhoneを分解してきた記者の記憶では、このようなセンターパネル構造を採用したモデルはなかった。

 メイン基板や2次電池などの主要部品へは、背面カバーを外すことでアクセスできた(図3)。背面カバーを開けるとメイン基板や2次電池が姿を現す(図4)。これらの主要部品の配置は、iPhone 13と類似していた。ただし、部品は背面パネルにではなく、センターパネルに接続されていた。

図3 iPhoneの背面にピックを差し込めるのは新鮮な体験
図3 iPhoneの背面にピックを差し込めるのは新鮮な体験
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 背面カバーを開けた様子
図4 背面カバーを開けた様子
これまで分解してきたiPhoneの内部構造と類似しているが、背面カメラのレンズ側が見えているのは少し意外感があった(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 このセンターパネル構造は修理には最適だ。ディスプレーを交換したいときは、他の部品やケーブルを傷つけることなくディスプレー部を取り外せる。2次電池を交換したいときは逆にディスプレーを破損させることなく、背面カバーを取り外して交換できる。従来の構造だと、2次電池を交換するには割れやすいディスプレーを慎重に外す必要があった。

 この内部構造の変化は、「修理する権利」を意識したものだとみられる。21年に米連邦取引委員会(FTC)が「修理する権利」に関する法律の施行を決定した。これに対応するためAppleは、iPhoneの一部機種の交換部品を、22年から個人に販売すると発表している。

 iPhone 14シリーズ4機種のうち、iPhone 14と同14 Plusが前機種(iPhone 13)と同じ「A15 Bionic」を採用しているのは、今回の設計では性能向上と構造の変更という二兎(と)は追わず、構造の変更という一兎に絞ったからかもしれない。

3機種を即日分解、構造変化はスタンダードモデルのみ

 日経クロステック編集部では、新型iPhoneが発売されるたびに分解して内部構造を分析してきた。今年も同様に、先行して発売されたiPhone 14、「同 Pro」、「同 Pro Max」3機種を購入し、即日分解した(図5)。

 結論を述べると、3機種のうちiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、センターパネル構造を採用しない従来通りの構造だった。スタンダードモデルのiPhone 14だけが、これまでと全く異なる内部構造になっていた。なお、Pro系の2機種についても興味深い点があったので、次回以降の記事で紹介する。

図5 入手した新型「iPhone 14」シリーズ3機種の外観
図5 入手した新型「iPhone 14」シリーズ3機種の外観
左から順に、「iPhone 14」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」。すべて日本向けモデル。2022年10月7日発売の「iPhone 14 Plus」はまだ入手できていない(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、iPhone 14の構造の話に戻ろう。顔認証の「Face ID」機能などにも利用されるフロントカメラや、背面カメラなどの各モジュールが、取り外しやすく配置されていた。全体でネジの種類は多数あったものの、複雑な構造にはなっておらず、必要なネジさえ外せば、個別の部品をスムーズに取り外すことができた(図6、図7、図8)。

図6 フロントカメラモジュールを取り外した様子
図6 フロントカメラモジュールを取り外した様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図7 背面カメラモジュールを取り外した様子
図7 背面カメラモジュールを取り外した様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図8 上部スピーカーやUWB用アンテナなどを取り外した様子
図8 上部スピーカーやUWB用アンテナなどを取り外した様子
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]