全4770文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)は2022年9月20日(米国時間)、「Windows 11 2022 Update」(バージョン22H2)の配布を開始した。機能更新と呼ばれる大型アップデートの中で、音声アクセスやタッチジェスチャーといったパソコンを直感的に操作できる機能が追加された。特に、タブレットに慣れたWindows 11ユーザーにとってはなじんだ操作で使いやすくなっただろう。また、セキュリティーも強化された。順番に見ていこう。

便利な機能が追加、ただし日本語未対応

 Windowsのサウンド出力内の音声から字幕を自動生成するライブキャプションが新しい機能として追加された。サウンド出力内の音声を検出し、テキスト化して、デスクトップ上部に字幕が表示されるようになった。

 OSレベルでのサポートであるため、アプリが対応していなくても字幕の自動生成ができる。YouTubeといった一部の動画配信サービスは字幕を自動生成に対応しているが、他の動画配信サービスやパソコン上で実行する動画再生ソフトは対応していないこともある。このような場合でもライブキャプションを使うことで、字幕が自動生成される。

 ライブキャプションの利用にはインターネット接続は必要ない。音声データのテキスト化はパソコン内で処理される。セットアップ時には、必要なファイルをダウンロードするためインターネット接続が必要だが、字幕の自動生成する際には必要ない。音声のテキスト化はパソコン内で処理するので、インターネットに音声データがアップされることもない。

 ライブキャプションを起動するには、タスクバーのクイック設定から[アクセシビリティ]-[ライブキャプション]をオンにする。[Windows]+[Ctrl]+[L]キーでも起動できる。

 今回の機能更新では英語のみのサポートだが、今後日本語でのサポートが期待される。

ライブキャプションによる字幕の自動生成。YouTubeの音声出力をデスクトップ上部に字幕表示している
ライブキャプションによる字幕の自動生成。YouTubeの音声出力をデスクトップ上部に字幕表示している
[画像のクリックで拡大表示]
セットアップ時はインターネット接続が必要だが、字幕の自動生成時は必要ない
セットアップ時はインターネット接続が必要だが、字幕の自動生成時は必要ない
[画像のクリックで拡大表示]
ライブキャプションを起動するには、タスクバーのクイック設定から[アクセシビリティ]-[ライブキャプション]をオンにする。[Windows]+[Ctrl]+[L]キーでも起動できる
ライブキャプションを起動するには、タスクバーのクイック設定から[アクセシビリティ]-[ライブキャプション]をオンにする。[Windows]+[Ctrl]+[L]キーでも起動できる
[画像のクリックで拡大表示]