全1588文字

アップルの便利なアプリが使える

 Keynoteはとても優れたプレゼンアプリでデザインの美しさに定評がある。また、Numbersは、シート上の自由な位置に表を作れるアプリで、Excelよりも美しい書類を作ることができる。

 これらのアプリは、Macで使うと本領を発揮するのだが、実はiPhoneやiPadでも利用可能だ。しかし、iPhoneのような画面が狭い端末で利用すると使い勝手がイマイチだ。そこで、WindowsのWebブラウザーで使ってみてはどうだろう。機能はなかなか充実しており、シンプルな編集作業には十分だ。

 さらに、Windowsとの連携も可能だ。各アプリを開いたファイルの一覧に変換できるファイルをコピーすればそのまま開ける。KeynoteならPowerPoint、NumbersならExcelのファイルをコピーすれば、それぞれWebブラウザー上のアプリで開いて編集できるのだ。

 逆に、KeynoteやNumbersで作成した書類をPowerPointやExcel型式で書き出すこともできる。Webブラウザー上で動くアプリもかなり実用的になっているのだ。

iCloudに保存したファイルをNumbersで開いているところ
iCloudに保存したファイルをNumbersで開いているところ
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneで作った書類がWindowsのWebブラウザー上で編集できるわけだ
iPhoneで作った書類がWindowsのWebブラウザー上で編集できるわけだ
[画像のクリックで拡大表示]
同じようにKeynoteも利用可能
同じようにKeynoteも利用可能
[画像のクリックで拡大表示]
WindowsのフォルダーからPowerPointのファイルをコピーする
WindowsのフォルダーからPowerPointのファイルをコピーする
[画像のクリックで拡大表示]
Webブラウザー上のKeynoteで開くことができ、もちろん、iPhoneやiPad、Macでもすぐに利用可能だ
Webブラウザー上のKeynoteで開くことができ、もちろん、iPhoneやiPad、Macでもすぐに利用可能だ
[画像のクリックで拡大表示]