全1394文字

 DX(デジタルトランスフォーメーション)推進企業はDX人材の育成に重点を置いている。担い手がいなければDXを推進できないからだ。ただ、DX人材育成には「学びが進まない」「学んでも生かせない」との懸念がある。DX先進企業はこうした懸念を払拭すべく、7つの工夫を凝らしていると分かった。これらを順に紹介していこう。

DX先進企業10社による人材育成7つの工夫
  • 工夫1 自律・成長を促す全体設計に
  • 工夫2 デジタル以外のスキルも重視
  • 工夫3 適切な人に適切な研修を
  • 工夫4 とっつきやすくする
  • 工夫5 演習は現場の生きた題材で←今回はここ
  • 工夫6 学び後のつながりをつくる
  • 工夫7 「留学」の制度を

工夫5 演習は現場の生きた題材で

 第5の工夫は、現場の生きた題材を使って演習することだ。研修を終えても社員が成果を出せないといった懸念を払拭できる。

 ブリヂストンは中級レベルのデータサイエンティスト研修で、社員自身が実業務の中からテーマを設定し、データ分析を通して成果獲得を目指す「業務テーマ演習」を実施している。得た成果は、大学の先生など外部講師も参加する発表会でプレゼン。内容をビジネス力、データサイエンス力、データエンジニア力の3つの観点で評価し、修了かどうか判断する。

ブリヂストンが研修で講じている工夫。データサイエンティスト研修の中で、Pythonによる予測モデル構築の演習に加え機械学習を現場の業務に適用する「業務テーマ演習」を実施。成果発表会を開催して評価を受ける
ブリヂストンが研修で講じている工夫。データサイエンティスト研修の中で、Pythonによる予測モデル構築の演習に加え機械学習を現場の業務に適用する「業務テーマ演習」を実施。成果発表会を開催して評価を受ける
[画像のクリックで拡大表示]

 この業務テーマ演習は半年程度かかるという。ハードルは高そうだが「こうした演習に取り組まなければ学んだことは身に付かない。部署に戻ってもスキルを活用できない」と増永明CDO(最高デジタル責任者)・デジタルIT基盤統括部門長は指摘する。

 修了した社員が出た部署では、所属する他の社員にとってDXを学ぶ励みになっているという。修了者が所属部署で学んだことを共有すると「その他の社員のスキルレベルがアップし、レベルアップした別の社員が中級研修に入ってくる。そんな良いスパイラルが生まれている」(花塚泰史デジタルAI・IoT企画開発部長)。

 発表会に参加する講師から「業務テーマ演習のレベルが格段に上がってきた」と評価も高い。業務テーマ演習の成果が発展して、新しい技術が製品に搭載されたり、新技術の開発につながったりして、プレスリリースが出るケースも生まれているという。

ブリヂストンがデータサイエンティスト研修を通して得ている効果。同僚への励みになったり、取り組むテーマがより高度になったり、実際の製品に使われたりするケースが出てきた
ブリヂストンがデータサイエンティスト研修を通して得ている効果。同僚への励みになったり、取り組むテーマがより高度になったり、実際の製品に使われたりするケースが出てきた
[画像のクリックで拡大表示]