全433文字
PR

 ドイツTRUMPFの日本法人トルンプ(横浜市)は2022年10月3日、自動レーザー溶接装置「TruLaser Weld 1000」を国内で発売した。光学ヘッド、ファイバーレーザー発振器、定盤テーブルなどに加え、筐体(きょうたい)内にドイツKUKA製6軸多関節ロボットを組み合わせてパッケージ化した。「既存のシステムに比べて、導入・設置から稼働開始までの時間を短縮できる」(同社)としている。

自動レーザー溶接装置「TruLaser Weld 1000」
自動レーザー溶接装置「TruLaser Weld 1000」
(写真:TRUMPF)
[画像のクリックで拡大表示]

 筐体の寸法は3605×2454×2818mm、ワークテーブル寸法は2000×1000mm、ワークテーブルの最大耐荷重は1000kg。ロボットの繰り返し位置決め精度は±0.02mm。筐体内スペースを2分割し、ワークを2つ置いて並行作業できる。本体価格は標準仕様で5100万円(税別)から。ドイツではTRUMPFが2021年10月に発売した。「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2022)」(2022年11月8~13日、東京ビッグサイト)で実機を国内で初公開する。