全1017文字
PR

 村田製作所、戸田建設、豊橋技術科学大学は「CEATEC 2022」(幕張メッセ会場での展示は2022年10月18~21日)で、複数のデバイスに同時に無線給電ができるロッカーを展示した(図1)。

図1 ロッカーの下部に無線給電機が収納してある
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ロッカーの下部に無線給電機が収納してある
豊橋技術科学大学の田村昌也教授が研究する「空洞共振式無線送電技術」を使う。複数のセンサー付きヘルメットに給電できる(写真:日経クロステック)

 展示したのは、ロッカーに入った複数のIoTセンサーに対して同時に給電できるシステム。その利用想定シナリオはこうだ。工事現場の作業者がIoTセンサーを取り付けたヘルメットを装着して作業する。IoTセンサーは、熱によるストレスや転落可能性を各種センサーで事前に察知し、監督者などに通知する目的に利用する。このヘルメットを作業後に専用ロッカーに入れるだけで注1)充電できる(図2)。

注1)この場合、センサーの満充電には10時間を見込むという。業務終了時から給電し、翌朝の就業時には満充電になる状態を想定する。

図2 工事現場作業者向けのヘルメットにIoTセンサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
図2 工事現場作業者向けのヘルメットにIoTセンサーを搭載
ヘルメットをばらばらの向きにロッカーに入れても給電できるという(写真:日経クロステック)

 これまで工事現場作業者のヘルメットのIoTセンサーは作業終了後、有線接続で給電していたが、この手間を減らせる。さらに、「給電口を設けなくてよくなるため、砂やほこりなどが入りやすいという課題を克服できる」(村田製作所の担当者)