全1069文字
PR

 パソコンやスマホで聴く音楽はストリーミング配信が主流になってきた。アップルやアマゾン、Spotify、米グーグルといった海外勢に、楽天やAWAといった国内勢も加わって激しい競争を繰り広げている(図1)。いずれも1億曲近い楽曲を提供。月または年間で契約するため、サブスク配信とも呼ばれる。月額料金はおおむね1000円程度だ。

●定額制のストリーミング配信は月額1000円が目安
●定額制のストリーミング配信は月額1000円が目安
図1 定額制のストリーミング配信はサブスク配信とも呼ばれる。月額料金は約1000円でほぼ横並び。家族や学生向けの割引プランや、制限付きの無料プランもある。ほかに、Amazonプライム会員が追加料金なしで使える「Amazon Music Prime」などがある
[画像のクリックで拡大表示]

 無料プランも提供しているサービスもあるので、気軽に試してみよう。ただし、無料だとたいていは「曲間に広告が入る」「フル再生が不可」「音質が落ちる」といった制限が設けられている。「Spotify」と「YouTubeMusic」は無料での制約が比較的緩いので、利用しやすい。

 パソコンでこれらのストリーミング配信を楽しむには、Webブラウザーまたはデスクトップアプリを利用する。まずは、Web版Spotifyの使い方を見ていこう(図2)。

●Spotifyの無料プランを試そう
●Spotifyの無料プランを試そう
図2 Spotify(スポティファイ)の無料プランは、簡単なユーザー登録で利用できる。デスクトップアプリ版とインストール不要のWeb版がある。画面はWeb版。画面構成はほぼ同じだが、機能がやや異なる。Web版ならログインしてすぐ聴けるのが魅力
[画像のクリックで拡大表示]

 Spotifyの場合、最初に登録が必要だが、メールアドレス以外の入力はほぼ不要。ログインすればすぐに利用できる。楽曲を検索して自由に再生したり、制限なくスキップしたりできるのが魅力だ。気に入った楽曲やアーティストは、「お気に入りの曲」に登録しておこう(図3)。後で聴きやすく、再生に基づいて好みに合った楽曲を提案してくれる。プレイリストも自由に作れるので、好きな楽曲を登録しておくとよい(図4)。

図3 アルバムや楽曲のハートボタンを押すと、「お気に入りの曲」や「マイライブラリ」に登録される。「…」ボタンから指定したプレイリストに登録もできる
図3 アルバムや楽曲のハートボタンを押すと、「お気に入りの曲」や「マイライブラリ」に登録される。「…」ボタンから指定したプレイリストに登録もできる
[画像のクリックで拡大表示]
図4 「マイライブラリ」を開くと、登録した楽曲やプレイリスト、フォローしたアーティストなどが表示されるので、お気に入りの曲がすぐに聴ける
図4 「マイライブラリ」を開くと、登録した楽曲やプレイリスト、フォローしたアーティストなどが表示されるので、お気に入りの曲がすぐに聴ける
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、Web版では全ての機能は利用できない。デスクトップアプリ版では音質の変更などが可能だ(図5)。なお、無料で使える機能は、Web版、デスクトップアプリ版、スマホアプリ版で異なる。

図5 無料のWeb版の音質はAACで128kbps。デスクトップアプリ版なら音質を設定できる。「160kbpsと同程度」という「高音質」に変更が可能
図5 無料のWeb版の音質はAACで128kbps。デスクトップアプリ版なら音質を設定できる。「160kbpsと同程度」という「高音質」に変更が可能
[画像のクリックで拡大表示]