全2499文字
PR

 IoT(Internet of Things)をはじめとしたデジタル技術を組み込んだスマートハウス。住人の快適性や利便性を高めるだけでなく、健康の維持・向上を意識した「健康スマートハウス」が増えつつある。そこで重要となるのが、住人の健康データを収集し、活用する技術だ。これらの機能を組み込んだ鏡やトイレなどの開発が進んでいる。

 健康スマートハウスでは住人の健康状態を解析し、異常を検知して疾患の早期発見につなげたり、住環境を制御して健康維持を実現したりする。住宅内だけでなく、遠隔地の家族への通知や、医療機関とのデータ共有といった機能も考えられる(図1)。こうした活用の基となるのが、住宅内で収集する健康データだ。

図1 健康スマートハウスで健康維持につなげる仕組み
図1 健康スマートハウスで健康維持につなげる仕組み
住人の健康データを測定し、その結果を住宅設備や機器の制御に活用する。異常を検出した場合は、本人や遠隔地の家族に通知する。医療機関とデータ連係して診療に生かすことも考えられる。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 健康データの収集では、既存の体温計や血圧計などの機器で測定する方法がまずは考えられる。近年は機器のIoT化が進んで、データ収集の利便性は高まった。しかし、住人の健康状態を常に把握するためには、特別な動作が不要で日常生活において違和感を生まないデータの測定方法が求められる。

 そこで健康スマートハウスでは、健康データを測定するセンサーなどを日常生活で使うさまざまな機器や場所に組み込む(図2)。例えば、顔を映すと心拍数や呼吸数などを検知できる鏡、座るだけで心臓病の発見につながる椅子、AI(人工知能)で排便状態を判定するトイレなどの開発が進んでいる。

図2 住宅の中で健康データを取得できる可能性がある機器
図2 住宅の中で健康データを取得できる可能性がある機器
住宅の中で必ず立ち寄る場所や毎日使う機器で健康データを取得できれば、日常生活に溶け込みながら健康維持に生かせる。鏡や椅子、トイレなどでは要素技術の開発が先行する。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 特に鏡は、日常生活の中で健康データを測定する仕組みを組み込みやすいとされる。身だしなみを整えたり顔を洗ったりするときなど、ほぼ毎日使う。ある程度の時間は鏡の前にいることが想定できるため、解析に十分なデータを取得できる。表示機能を持たせることも可能だ。

 例えばNTTデータとNTTデータSBC(大阪市)は、ミリ波レーダーで呼吸数や心拍数を取得する「スマートミラー」を開発した(図3)。利用者が鏡の前に立つとカメラが顔を認識し、自動でセンシングを始める。30秒ほどで、ミリ波レーダーを用いて呼吸数や心拍数を取得できるという。鏡にはサーモセンサーも組み込んであり、体温を取得できる。

図3 NTTデータとNTTデータSBCが開発したスマートミラー
図3 NTTデータとNTTデータSBCが開発したスマートミラー
ミリ波レーダーを用いて呼吸数や心拍数を取得する。(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは、このスマートミラーを使って取得した健康データに基づいて機能性表示食品を提案する実証実験を味の素と共同で実施した。この実証実験は住宅内での活用を想定したものではないが、スマートミラーを住宅内に設置して高齢者の見守りなどにも活用することは十分に考えられる。