全3074文字
PR

 共通ポイント業界が揺れ動いている。ヤフーの離脱などで苦境に陥っていた「Tポイント」を手掛けるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)。同社に手を差し伸べたのが、メインバンクの三井住友銀行を傘下に抱える三井住友フィナンシャルグループ(FG)だった。CCCは資金面などで後ろ盾を得た形だが、足元でTポイントの有力加盟企業がマルチポイントへの移行を表明するなど、先行きは予断を許さない。

 「トップダウンで交渉が進んだからこそ、短期間で基本合意までこぎ着けられた」。CCCの関係者は三井住友FGとの資本業務提携の舞台裏をこう明かす。この関係者によると、CCCの創業者である増田宗昭社長と三井住友FGの太田純社長が意気投合し、約2カ月で基本合意に至ったという。両社は2022年12月末までの最終合意を目指している。

 提携の中身はこうだ。まずCCC傘下でTポイント事業を展開するCCCMKホールディングス(HD)に三井住友FG側(以下、グループを総称してSMBCグループ)が出資する。出資比率はCCCが6割、SMBCグループが4割を目安に調整している。

 さらに2024年春をめどに、CCCのTポイントとSMBCグループが手掛ける「Vポイント」を統合する。両ポイントを統合し、新たなポイントブランドを創出する計画だ。三井住友カードの佐々木丈也常務執行役員は「既存のブランドの強みや顧客への浸透を踏まえつつ、新たな名称を検討中」と語る。ポイントと決済を組み合わせた新たなモバイル決済サービスなども検討している。

ファミマの出資引き揚げが引き金に

 SMBCグループとのスピード決着の理由を探ると、CCCの苦境が垣間見える。ここ数年でTポイント事業に出資する外部パートナーを失い、新たな出資者の獲得が急務だった。

Tポイントなど共通ポイントを巡る主な経緯
時期概要
2003年10月カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が共通ポイント「Tポイント」を開始
2007年3月ローソンがTポイントとの連携を終了
2010年3月ロイヤリティマーケティングが共通ポイント「Ponta」を開始
2012年6月ヤフーとCCCが戦略的資本業務提携で合意
2014年10月楽天(現楽天グループ)が「楽天スーパーポイント(現楽天ポイント)」を共通ポイント化
2015年12月NTTドコモが共通ポイント「dポイント」を開始
2019年11月ファミリーマートが従来のTポイントに加えて、dポイントと楽天スーパーポイントも導入
2019年12月KDDIとロイヤリティマーケティングが資本業務提携。両社のポイントをPontaに一本化へ
2022年3月ヤフーとソフトバンクが一部サービスを除いてTポイントとの連携を終了。Tポイント運営会社の保有株式も売却
2022年9月CCC最大のフランチャイズチェーン加盟企業であるトップカルチャーが蔦屋書店佐久平店(長野県佐久市)で楽天ポイントの利用を開始
2022年10月CCCと三井住友フィナンシャルグループが資本業務提携で基本合意したと発表。2024年春をめどに、両グループのポイント事業を統合する方針を明らかに
2022年10月以降PayPayが「PayPayポイント」をグループ外に開放

 パートナー離脱の引き金を引いたのは、ファミリーマートだった。もともと、コンビニエンスストア業界でTポイントに加盟していたのはローソンだった。しかし、三菱商事の主導で独自の共通ポイント(のちの「Ponta」)を立ち上げることになり、同社グループに属するローソンが2007年3月にTポイントを離脱。そこで、CCCの増田社長が駆け込んだのがファミマだった。こうした経緯もあり、CCCにとって、ファミマは一加盟企業にとどまらない「特別な存在」であり続けた。

 それを裏付けるように、ファミマは2015年、約100億円を投じて、Tポイント運営会社であるTポイント・ジャパン(TPJ、現CCCMKHD)の約15%の株式を取得していた。しかし、ファミマの親会社である伊藤忠商事の意向もあり、TPJの保有株式を全てCCC側に売却。出資引き揚げに歩調を合わせる形で、2019年11月に従来のTポイントに加えて、楽天(現楽天グループ)の「楽天スーパーポイント(現楽天ポイント)」とNTTドコモの「dポイント」も導入し、マルチポイントに移行した。

 ファミマに続いたのがZホールディングス(HD)とソフトバンクだ。2社はTPJに出資していたが、この資本関係を2022年3月末に解消。 同じタイミングでZHD傘下のヤフーとソフトバンクは、Tポイントとの連携も一部サービスを除いて終了していた。ヤフーとCCCは2012年に戦略的資本業務提携で基本合意しており、両社の蜜月関係は約10年で終わりを迎えたことになる。

 ファミマ、ZHD、ソフトバンクが抜けたことで、TPJに出資する外部パートナーはいなくなった。