長らく世界のイノベーションの中心地だった米国シリコンバレーに異変が起こっている。成長し続けたビッグテックの業績にかげりが見え始め、人員削減に踏み切った企業もある。賃料高騰や税制を理由に本社を移転する“脱シリコンバレー”も進んでいる。これは凋落なのか。一方で、Web3などの新分野では相変わらず起業が絶えず、投資も依然として衰えていない。最先端テクノロジーやサービス、そしてそれを育む文化とその変化をリポートする。

(写真:123RF)