全2000文字
PR

 米ボストン中心部から西に車で約1時間。緑が深くしげるマサチューセッツ州郊外に、巨大な施設が見えてきた。延べ面積は約3万2000m2で、工場を思わせる無機質な外装材、エントランスには大きく「Amazon」の文字。ここはAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)のイノベーション施設「BOS27」だ。2021年10月に新設し、主に物流ロボットを研究している。

取材を基に日経クロステックが作成
取材を基に日経クロステックが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾンはこれまで、この基幹施設を原則として非公開としてきた。米国時間2022年11月10日、同社は海外メディアを含む報道陣に対して初めて公開取材会を実施。ベールに包まれていたアマゾンの最新ロボットを全4回の連載で紹介する。初回はBOS27の内部の様子と、同日に初公開されたロボットを動画で見ていこう。

米マサチューセッツ州郊外にあるAmazon.comの研究施設「BOS27」
米マサチューセッツ州郊外にあるAmazon.comの研究施設「BOS27」
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 エントランスを抜けて研究施設の中心部に入ると、所狭しといくつものロボットが稼働していた。工場のような大空間が金網フェンスで区切られ、エリアごとに異なる実験が行われている。

BOS27の内観。物流拠点ではなく実験拠点。ロボットの実証試験が至る所で行われていた
BOS27の内観。物流拠点ではなく実験拠点。ロボットの実証試験が至る所で行われていた
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 あるエリアでは、既にアマゾンが実用化しているロボット「Robin(ロビン)」を使った試験が進んでいた。同社が2021年4月に発表したロビンは、ベルトコンベアで運ばれてくる1つひとつの小包を識別してつかみ、パレットまで移動することができる。この日はつかんだ小包を自動搬送ロボットに移動させ、その搬送ロボットが荷物を指定された場所まで運ぶ試験が繰り返し実施されていた。

仕分けロボット「Robin」
既にアマゾンが実用化しているロボット「Robin(ロビン)」による実験の様子(動画:日経クロステック)

新ロボット「スパロー」の実力とは

 アマゾンは研究施設を公開した11月10日、新型物流ロボット「Sparrow(スパロー)」を発表し、実際に稼働している様子を報道陣に公開した。スパローは、数百万種あるアマゾンの商品を識別できる初めてのロボットシステムだ。ロボットアームだけでなく、認識などを担うシステム全体の名称となる。

2022年11月10日にアマゾンは新ロボット「Sparrow」を発表した
2022年11月10日にアマゾンは新ロボット「Sparrow」を発表した
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
新ロボット「Sparrow」
2022年11月10日にアマゾンは新ロボット「Sparrow」を発表した (写真:日経クロステック)

 上の動画を見てほしい。黄色のラックに入った商品をロボットが認識し、アームでつかんで手前にある黒い別のラックに移している。黄色のラックには複数の異なる商品が入っており、ロボットは「どの商品であるか」を個別に認識している。アームの先端にはバキューム式のアタッチメントが装着されており、吸引力で商品をつかんでいる様子が分かる。

 動画の通り、手前には4つの黒いラックがある。スパローはこれらのうち、どのラックにまだ余裕があるかも認識し、アームを使って空きがあるラックに商品を移動できる。

 アマゾンのロボティクス部門でスパローの開発を担当するジェイソン・メッシンジャー・プリンシパル・テクニカル・プロダクト・マネジャーによれば、2022年11月時点で、スパローはアマゾンの全商品の約65%をつかむことができるという。

 アマゾンのこれまでのロボットアームは、主に商品が段ボールなどで梱包された後の移動を担ってきた。スパローは梱包前の多種多様な商品を認識し、移動できるという点でこれまでのロボットとは一線を画す。スパローの詳細については連載2回目でお伝えする。