AI(人工知能)によってクルマを市内各地へ配車する事前予約・乗り合い型の交通サービスである「AIオンデマンド交通」の導入が全国各地で広がっている。人口減少・高齢化などで収縮が続く地域にとってAIオンデマンド交通は救世主である。しかしその半面、導入・活用方法を誤れば新型コロナ禍などでダメージを受けた地域の交通システムが壊れてしまう恐れもある。先行する各地の導入事例などを基に、AIオンデマンド交通を地域に根付かせ、地方の「救世主」とするための要諦を探る。