全1390文字

レガシーシステムの「ラスボス」といえるメインフレームのモダナイズに動き出す企業が相次いでいる。システムの維持リスク回避に加え、DX(デジタル変革)の足かせを外す狙いがある。今回はオープン系への移行で無駄を減らしたJFEスチールの事例を取り上げる。

 JFEスチールは本社基幹システムをメインフレームからオープン系システムへ完全移行し、2022年6月に本社メインフレームを撤廃した。

図 モダナイズに成功したJFEスチールの作業ポイント
図 モダナイズに成功したJFEスチールの作業ポイント
スリム化で移行対象を絞り込む(出所:JFEスチールの資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 「メインフレームを継続利用するリスクや、最新ITとの親和性を考えるとオープン系に移すのは必然の流れだった」。JFEスチールの市川公義IT改革推進部主任部員(課長)は、オープン化に踏み切った理由をこう話す。

 移行対象であるメインフレーム上のCOBOLプログラムは4000万ステップに上る。プロジェクトを成功に導いた一因は、既存アプリを仕分けし、移行対象を絞り込んだことだ。一方、移行前後の文字コードの差異について、対応を迫られたという。

 まず既存アプリの仕分けでは、システムログを分析し、社内での利用状況を調べた。「どれくらい使っているか、誰が画面を操作しているかなどを調べ、利用者とひざ詰めで移行の要否を判断した」(市川主任部員)。

 今となってみれば無駄に大きいプログラムも見つかった。「データを抹消するだけなのに500万ステップの仕組みがあった。データ抹消機能をJavaで開発したり、ホスト間のデータコピーをE T L(抽出/変換/ロード)ツールで代替したりしてスリム化した」(同)。

 一連の仕分けの結果、全体で600万ステップのプログラムを移行対象から外し、無駄な作業の発生を抑えた。

文字コードの違いでソート順が変化

 プログラムの移行方法は、従来のロジックはそのままにオープン系の開発言語に書き換える「リライト」を選択した。リライト先は英マイクロフォーカスのオープン系COBOLである。

 Javaなどで一からつくり直す「リビルド」は、コストが見合わないと判断したという。Javaへのリライトも選択肢の1つとなったが、「自動変換したJavaプログラムでは維持管理が難しくなるだろう」(市川主任部員)と考えて採用しなかった。